お客様第一主義


ご挨拶

当社は昭和62年9月、丸大食品株式会社の物流子会社として設立し、平成17年12月に『チルド輸送のパイオニア』である名糖運輸株式会社の100%子会社として新たに運営を開始いたしました。
創業以来一貫して『お客様第一主義』の経営理念のもと、物流品質の向上に努め、地球環境の保護につきましても企業の責務であると認識し、安全・安心への投資を怠らずに今日まで運営して参りました。
高機能で省エネルギー、安全に配慮した車両の導入を始め、ドックシェルターを完備した3温度帯物流センターの24時間運営及び監視、運輸安全マネジメントを通じた安全運転・省燃費運転・積荷に優しい運転教育を行い、ハード・ソフト・環境の三つの方面よりお客様に信頼して頂けますよう、日々努力を重ねております。
私どもは名糖運輸グループの一員として常にお客様のご要望にお応えすることを信念として、24時間365日のサービス体制でお待ちしております。
今後、益々多様化する物流へのご要望にお応えし、お客様満足度の高い物流サービスのご提供を常に心掛けると共に、物流新時代を常に創造し続ける物流企業を目指してまいります。

代表取締役社長 古坂範佳




企業理念

働くものが明日への希望と夢を持てる経営を行います。
高度な温度管理技術を基盤とする物流事業によって社会に貢献します。




経営理念

1.顧客第一の営業によって顧客とともに成長します。

2.安全の確保をすべての業務の基本とします。

3.人を育てその能力と貢献を基にする人事を行います。

4.自立性のある組織と闊達な企業風土を創ります。

5.地域環境と自然環境の保全に充分に対応します

6.関係・協力会社との信頼関係を築きます。




行動指針

1.良いと思ったことは即時実行する。

2.悪いと思ったことは即時やめる。

3.粘り強さと行動力を発揮する。




安全基本方針

貨物自動車運送事業に携わる当社及びグループ関係会社の使命は、「安全」「迅速」「確実」にお客様の商品を無事故で輸送し、その社会的責任を果たすことである。
当社及びグループ関係会社は、「安全の確保を全ての業務の基本とする」という経営理念に基づき、交通事故並びに労働災害事故を撲滅するため全力を傾注する。
これらの事故は、事故の当事者及び家族に人的、物的、精神的損害を与えるだけでなく、顧客や会社の信用を失墜させ、会社の存続をも危うくすることになる。
当社及びグループ関係会社は、安全基本方針の円滑な運用を図るために「安全管理規程」を制定し、以下のことを実施する。


1.関係法令等の遵守と安全最優先の原則を各部署へ徹底する。

2.経営方針の中に安全方針を設定し各部署に周知する。

3.安全方針に沿って具体的な施策を実施するために各営業所にて安全目標を設定する。

4.重大な事故等への対応を確実に行う。

5.運輸安全マネジメントシステムを確立し、実施し、維持するとともに、輸送の安全を確保するために必要な経営資源(人員、情報、設備等)を提供する。

6.運輸安全マネジメントシステムを定期的に見直しすることで継続的な改善を行う。




品質方針

顧客の物流ニーズに応え、高品質なサービスを安定して提供するために以下のことを実施します。

1.ジャストインタイムを守ります。

2.品名、数量、日付、納品先の正確な管理を行います。

3.適正な温度管理により、荷物の品質を維持します。

4.防犯・衛生管理を推進し、荷物の安全を確保します。

5.関係法令を遵守し、最適な保管・輸配送を行います。

以上を確実にするために、品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を行います。




環境方針

当社は、『チルド輸送の名糖運輸グループ』として物流事業を通じ社会に貢献するとともに、 地球環境・自然環境の保全を図るため、以下のことを実施します。

1.自然や社会の変化に素早く対応するため、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進し、汚染の予防に努める。

2.関連する環境の法的要求事項と経営方針に定めた環境関連事項を遵守する。 (排出ガスの抑制、燃料の消費削減、地域社会との共生、緑化・美化運動推進等)

3.全部署で仕事の仕組みを見直し、使用工ネルギーの低減を図る。